その長野県で・・・夏への思いの違い!?

↓ の松本に行った時、県内の他の場所で暑さに負けふらふら入ったとある「100円ショップ」。そこで流れていた店内放送に、夏への思いの地域差を感じました。

『いつまでも夏が続くと良いですね』という内容の放送です。

こちらは、暑さに負けながら コンビニや100円ショップなどに用もなく入ってしまい、涼ませていただきながら、商品も見て、買い物もして・・・なので、夏は嫌いではないけれど、いつまでも続かれたら困ってしまう!という思い。ましてやこの暑さでは 早く秋にならぬものかと願ってしまうのに、やはり、標高が高い長野では夏が続くと願っているんですね。

夏休みはずっと続いてほしいけれど、夏はそこそこで十分という今年。

その夏休みも、まとめて何かをするというより、とにかく体力温存が第一目的となっております。今日も何とか生きていられた良かった・・・です。

長野のみなさん、夏満喫してくださいね。と 心から願っております。